TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

大往生

8月も本日で終了
朝晩は過ごしやすくなってきました。

ここ最近ブログの更新が
滞り気味になっておりました。
理由は今年15歳の愛犬センムと
ヒミコに介護が必要となり
気持ちに余裕がなくなっていたのです。

そして…
8月4日にセンム
8月26日にヒミコが
穏やかに天国へと旅立ちました。


彼らとの出会いは2000年に遡ります。
最初にウチの家族になったのは
雄のラブラドール・レトリーバーの
センム(2月2日生)
次に来たのが雌のフラットコーテッド・
レトリーバーのヒミコ(3月30日生)
共に2000年生まれで
今年15歳を迎えていました。

14歳の時のセンムとヒミコ
超元気でした。
f0126903_17245217.jpg


センムはスタミナや体力もあり
性格は神経質であきらめない(しつこい)
頭のいい人間味のある犬でした。
そして私のことが大好きでした。
f0126903_1725819.jpg


一方ヒミコは天真爛漫でほがらか
センムと比べると明らかに犬でしたが
本能的な部分で頭がよく
要領のいい子でした。
f0126903_17252383.jpg


そして二頭は本当に仲良しでした。
完璧なかかあ天下でしたが…
f0126903_17255056.jpg


二頭共、昨年まで足腰も強く驚くほど
元気でしたが、今年に入り衰えも
目立ってきました。しかしラブラドール系の
平均寿命は12歳と言われているので
本当に長生きだったのです。


実はセンムは何度か体調を崩し
身体に麻痺が出た時期もありました。
しかし彼はすごいパワーの持ち主で
1日寝込んでも自ら立ち上がり
家の周りを歩き回ってセルフリハビリで
体調を回復させるのです。何度も寝床まで
連れ戻しても、すぐに立ち上がり
必死の形相で歩き回る姿は
鬼気迫るものがありました。


そんな中
今年のGW中のバイクで男旅に
出掛けた道中、ヨメから
『ヒミコが倒れて起き上がれない』
という連絡が。その時はヨメの献身的な
看護で何とか元気を取り戻しましたが
二頭とも高齢なためこの時から
本格的な介護が始まります。
f0126903_17263041.jpg


5月以降は二頭の体調は良かったり
悪かったりでしたが、幸い同時に
寝た切りになることはありませんでした。

その後センムに5回目の発作が
起こりました。さすがにその時は
体力が持たずセンム自身がとても
落ち込んでいました。それでも
トイレは絶対に自分でしていました。

共に大型犬なのでヨメと二人三脚で
介護をしましたが、7月の中旬以降は
センムが寝た切り状態になり
床ずれ防止用のベットを用意して
介護に奮闘していました。

センムはプライドが高いのでオムツでは
トイレをしてくれません。いつもの
場所まで連れて行かないと
トイレをしてくれないので、
犬用の介護用品のハニカム胴着を購入して
歩行補助しながらトイレに
連れていきました。


それでも7月終わりにはついに
ゴハンを食べるのを止め、
水を飲むのも止めたセンム。
その意思は強いものでした。
そしてセンムは8月4日のお昼過ぎに
穏やかに旅立っていきました。

もともとビビりのセンム
元気な頃は吠え癖もあり面倒な
ヤツでしたが、寝たきりなると
ほとんど手を煩わせることなく
静かに旅立っていきました。
f0126903_17291240.jpg


私はとてもショックを受けましたが
まだヒミコを見送らなくてはいけません。

センムが亡くなってからのヒミコは
明らかに元気がなくなり、傍目から見ても
落ち込んでいる様子でした。

その週の週末には気分転換のため
初めて海ノ中道のマンションへ
連れて行くことに。

ヒミコも決して長くはない命
最後の思い出にと家族みんなで
過ごす時間を楽しみました。
好奇心が旺盛なヒミコは環境が
変わり興味津津です。
f0126903_17294543.jpg


大好きだった海を見たり潮の香りで
表情にも明るさが戻っていました。
f0126903_1730020.jpg


しかしヒミコも一日一日、
その時が近づいているようでした。
そして台風直撃の翌日8月26日に
容態が悪くなりました。覚悟を決め
ヨメと付きっきりで見守りました。
少し容態が落ち着いていたので
スマホでセンムが元気だった頃の
動画を見せたところ、
目を見開きじっと見つめます。

もっと他の動画を探すために10分程、
事務所に行き、再度戻ったところ
亡くなっていました。
ほんの10分足らずの間に、
センムと同じように苦しみを見せることなく
死に顔もセンム同様に穏やかで虹の橋へと
旅立ったのです。まさに大往生でした。

5月のヒミコ
体調も戻りほっとした頃でした。
f0126903_17301766.jpg



私は自分自身でペットとして
犬と生活したのは初めてでしたが
こんなに気落ちするとは思いませんでした。
そんな中、気持ちを癒されたのが
虹の橋という詩でした。
f0126903_17232282.jpg

★虹の橋の説明はこちら(wiki)


センムとヒミコとの15年半。
いろいろあった日々を慰められつつ
時には(特にセンムと)戦いつつ
毎日の世話もくじけそうになりながら
全力で向ってくる真っ直ぐな愛情に
何度、助けられたでしょうか。
犬は飼い主に100%の愛情を
ぶつけてくれます。
そして決して裏切りません。

ありがとう、センムとヒミコ
本当に最高のパートナーでした。

f0126903_17303790.jpg


明日からは9月。
新しいスタートとして頑張ります!!
Commented by 中村りんご at 2015-09-01 00:20 x
センム、ヒミコ、15歳なんて大往生でしたね。
りんごは去年、病気で先立ちましたので、虹の向こうでお出迎えしてくれるはずです。
15年間おつかれさまでした。
そして、りんごたちを授かってくれてありがとう。
※Facebookにシェアして、りんごもたくさん載せました。見れるかな?
https://www.facebook.com/tsukune.nakamura/
by takeo_tsutsumi | 2015-08-31 17:32 | センムとヒミコ | Comments(1)

by takeo_tsutsumi