TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

私の宝物

年も明けて今日で1週間。
仕事は3日からスタートでしたが、
今週に入り昨年同様忙しくなってきました。
来客も多く、ありがたい限りです^^

さて昨年の話で恐縮ですが、年末の28日に
楽しみにしていた和室に飾る時計が届きました。

実は我が家の和室には、私の宝物があります。
それは屋久杉の座敷机
自分で言うのもなんですが、素晴らしい一品です。
f0126903_15583147.jpg


この机、私がバリバリの営業マンだったかれこれ20年程前に、
あるお店(どいざき)で見かけ、あまりの素晴らしさに息を呑んだものです。
お値段も結構高額で、こんなとこに住んでいた私が買える訳がありません。
「いつかはこんな素晴らしいものを自宅に置きたい…。」
そう思ったものです。

それから年月が経ち…、再びそのお店を訪れると
その座敷机はまだお店に居たのです。
自分のことをきっと待っていてくれたのだ!そう思い
思い切って購入をしました。

購入したお店は福岡市西区にある民藝・工藝の舘どいざき
日本の手仕事による民芸品や工芸品を取り扱う、
本当にステキなお店です。

お店の主は、その屋久杉の座敷机をとても大切にしていて
納品時には正装をして、娘を嫁にやるような気持ちで
持ってきていただきました。それが4年程前のことです。

その後、仕事の忙しさもあり、自宅ですがあまり和室に
行くこともなく、時々眺めては「いい机だな~」と思ったりして
宝の持ちぐされのようになっていました。
しかし、昨年ある人にたまたまその机を見せたところ
とてもパワーのあるもので、人に元気を与えることができる力を
持っているので、もっと活用した方が良いと言われました。

またその時に、その座敷机は友達を欲しがっているので
時計を置いたら良いと思いますよ。とも言われました。
善は急げ!ということで、早速時計を探し始めたのです。

時計を探すときに相談したのが、
志免町西友の2階にある時計屋“TIME WAVE”の野口社長。
私の腕時計のメンテナンスをお願いしている、
信頼の置ける職人気質の社長です。
いろいろ提案を受けますが、こんな存在感のある机に
つりあう時計はなかなか見つかりません。

そこで、机を購入したどいざきの社長にも相談してみることにしました。
実は、机を購入した際に正装をして納品をしていただいた
ご主人は他界されており、現在は息子さんが社長になられているのです。

改めて机を見てもらい、色々話し合い提案を受けた結果、
素晴らしい屋久杉の素材を使い、時計屋の野口社長と
コラボレーションで、時計を作ってもらうことになったのです。
その納品が28日でした

これがその時計です…。素晴らしい!
f0126903_1651569.jpg


実はこれ、屋久杉の枝だそうです。
皆で撮った写真を見てもらうと大きさが分かりますが
樹齢2000年は経っているそうです。
ちなみに樹齢1000年を超えないと屋久杉とは言わないそうです。
f0126903_1654819.jpg
空いている穴は水が通る水脈の跡だそうです。
時計は電波時計を組み込んでもらいました。

皆で記念写真。
f0126903_1661291.jpg
真ん中がどいざきの土斐崎社長、右が時計屋の野口社長です。

時計を置くと屋久杉の座敷机もなんだかうれしそうに見えます。
f0126903_1662588.jpg


後日、時計を置くことを薦めてくれた方に見てもらったところ
とても良いですね!と言われました^^

昨年からこのお部屋に人を招いてお話をしたりしています。
不思議と落ち着くのです。
今年も紀元前パワーを頂いて、素晴らしい1年にしたいと思います。
by takeo_tsutsumi | 2009-01-07 16:09 | 日記 | Comments(0)

by takeo_tsutsumi