TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

競売情報更新しました。

ようやく冬将軍の到来で、ようやく師走らしい寒さになりましたね。
しかし、ここ最近の九州公正取引協議会(公取)との闘いで、
私の体感温度は上がってます。怒りのパワーで寒さを忘れて
自分の信念を貫いて行きたいと思っています!!!!!

昨日、公取側から前回の公聴会の回答がありました。
結果については別のカテゴリー 実録不動産業界の手口 でご報告いたします。

さてさて先般、毎週必ず見ている サンデープロジェクト
f0126903_20453959.jpg


たかじんのそこまでやって委員会 で、
f0126903_2046343.jpg

日教組と教育の現場について取り上げられていましたが、
思わず考えさせられました。o(´^`)o

勿論、メディアの情報を鵜呑みするのは危険なことですが、
現実に学校教育については、以前から疑問に思っていた事が見えました。

週休二日制や教師の自由出勤、教員免許の更新制
どれをとっても私にとっては理解に苦しみます。

教育という防波堤を口実に、小さな世界で自分たちの権力を
振りかざすやり方は、私が今回不毛な闘いを続けている
「公取」とダブります。

現場の先生は モンスターペアレント など大変な時代になり、
先生受難の時代の到来は理解します。
当会員様の中にも教育者の方がいらっしゃいますが、
今の教育システムについての問題点について語りあった事と、
今回のメディアの報道に符合する点があったのも事実です。

私が思うに現場を知るものが上に立ち、時代の流れを的確につかみ
信念を持ってユーザー目線で臨めば、間違った方向性には
行かない気がします。

あと一番重要な教育とは、家庭の中で育まれるのでは
ないかと思います。ゆとり教育の意味を履き違えると、
国の宝である子供達の人間力まで失う気がしてなりません。

上記の報道であった、中学校の学ぶ英単語の数1000に対し
韓国は3000という差は、グローバル化の進む今の世の中では
現行の制度自体に疑問を感じざる得ません。
教員免許の更新制など、先生である以上必要不可欠だと思うのですが…。


そうそう、ブログで公取との経緯を配信したところ
応援のご連絡もいただきましたが、
下記のような非難のお言葉もありました。

手数料商売なのに、安くするとは・・・
同業者として最低ですね
プライドも自信もないのでしょか!?

ご意見ありがとうございます。
人には色んな考え方があるので、否定もしません。
お名前は名乗らないご意見でしたので、どなたかは分かりませんが
同業者からのご意見、非常に参考になりました。


公取との経緯や背景については近くまたブログで配信します。
お楽しみに( ̄ー ̄)ニヤリッ


今回は44件中31件ピックアップしました。
久しぶりに好物件多しですが、景気が上向いている感は
あまり感じません。しかし不景気の時こそ買時であるのも事実、
身の丈にあった投資しましょう(⌒▽⌒)/゜・:*

→堤エステートがセレクトする競売情報はこちら!

→今回公告分でお勧め競売物件はこちら!
by takeo_tsutsumi | 2009-12-20 20:46 | 競売情報のお知らせ | Comments(0)