TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

世界の中の日本とは?

民主党の代表戦が管総理の勝利に終わりました。
組閣は脱小沢色が強い感がありますが、
メンバーの編成にはやはり不信感が残ります。
世界の中の日本とは?_f0126903_11315235.jpg

なぜ?日本の閣僚は真の実力を兼ね備えた人が選ばれないのかな?

なぜ?お年寄りで当選回数が多いだけの族議員が選ばれるのか?


8月にNHKスペシャルで 灼熱アジア:中東砂漠の富の争奪戦 という
ドキュメンタリーが放映され、先日やっと見ることができましたが
驚嘆しました。 (ノ゜ω゜)ノ
世界の中の日本とは?_f0126903_11331633.jpg


中東では、太陽光発電パネルを砂漠に敷き詰め
脱石油をにらんだ新たなエネルギー開発が始まっており、
既にマスダール・シティという先端エネルギーを駆使したエコシティを作り
ドイツ・日本等の先進国の技術を取り込み、これを輸出しようとしています。

その計画の先頭に立って指揮しているアブダビの企業マスダールの
スルターン・アフメド・アル・ジャベールCEOは何と36歳!!w(゜o゜)w

エネルギッシュな彼は、MBAを取得しており、知力体力共に兼ね備えたリーダーで
各国の要人に怯むことなくビジネスを広げて行きます。
世界の中の日本とは?_f0126903_1134468.jpg
写真は環境とCSRの専門メディアecoolより

また同じシリーズの灼熱アジア:タイ“脱日入亜”日本企業の試練 で
紹介されたタイのCEOは32歳です!
彼が率いるタイの自動車部品大手のタイサミットは、
あの日本有数の金型メーカーだった オギワラ を300億超で買収しました。
その番組を見ると『ものづくり大国日本』は終わりに近づいていると感じてしまいます。

わが国は、世界では頭でっかちで行動力の無い老人では通用しない時代が来ている事を、
現実として受け止める事が何より大事だと思います。
教育システムの崩壊、老害こそ日本の衰退の現実ではないでしょうか?
by takeo_tsutsumi | 2010-09-19 11:38 | 政治・経済・社会、語ります | Comments(0)

by takeo_tsutsumi