TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

人生の1ページ

私の親父はもう長い間、療養生活を送っています。
今は良い病院にめぐり合い、穏やかな日々を過ごす毎日です。

親父は、数々の伝説を持つ強烈な個性の持ち主で
病に倒れるまで、私は一度も逆らうことはありませんでした。
というか、逆らえる親父ではなかった…

その親父も今ではすっかり仏のように穏やかになりました。
持病のため食事もいろいろ制限があり、
体力的に外出も難しい状況です。

しかし親父は昔から墓参りや先祖供養は
しっかりと行う人でした。

親父の里は八女の田舎。
兄弟は皆年齢を重ね、なかなか会うこともなくなってきました。
でも自分の生まれ故郷に行き、両親のお墓参りはしたいと思う。
家族で協力して親父を田舎に連れて行き、墓参りをさせてあげたい…、
そんなことを最近よく考えていました。


そしてやっと先日の日曜日、親父の病院に許可をもらい
母親と私とヨメ、そして妹の家族など
皆で八女に行くことになりました。

仏壇は長男である伯父の家にあるので
事前に連絡をして、総勢8人で八女に向かいました。

天気はあいにくの雨…。
でもなんとかなるさ!
親父を病院に迎えに行きいざ出発です!!


やんちゃだった親父は兄弟姉妹も恐れる存在でした。
皆、親父にどう声をかけてくれるだろうか…、
そう思いながら車を運転すること約1時間半。
親父も外の景色を見ながら、昔の記憶が
よみがえってきたようです。

なんとか無事到着。
すると雨の中、伯父や伯母が出迎えてくれています!!
驚いたことに、遠方にいる親戚も来てくれています。

そして母屋に行くと、たくさんの料理が準備してあります。
伯母達が、本当に久しく会う親父のために、心のこもった
手作りの料理を準備してくれていたのです。
f0126903_237073.jpg


親父も本当にうれしそうで、活き活きとした笑顔。
f0126903_2371393.jpg


まずは仏さんにお参りをして、皆で再会を喜びます。
たくさんの料理の前に、親父もびっくりしているよう。
いつもはやわらかい物しか食べれない親父が
美味しそうにどんどん食が進みます。
気がつくとビールまでキュッと飲み干してます!!!
ま、今日はいいだろう…!!

皆でわいわいガヤガヤ、楽しいひと時です。
ちびっ子も田舎の寄り合いに楽しそうです。

子供たちにとっても親父と一緒に出かけることは
良い経験になったと思います。

家族三世代で力を合わせます。
f0126903_2374088.jpg



次から次に親戚が立ち寄ってくれて
親父に声をかけてくれます。
親父も久しぶりに会う兄弟や甥・姪の姿に
びっくりするやら喜ぶやら。

楽しい時間はあっという間。
そろそろ帰る時間です。

皆、歳を重ねているので、別れは感慨深いようです。
親父の兄貴である長男の伯父さんは
帰る前に親父の手を握り、涙ぐんでいました。
親父も少しホロリと来ていたようです(!)
その姿を見て、伯母達も涙ぐんでいました。
f0126903_238382.jpg


人間は皆、平等に歳を重ねます。
そしていつかは旅立つ時が来ます。
その意味は、若い頃は漠然としか分かりませんでした。

しかし今は歳をとった親の世代を通して
年齢を重ねることがどういうことなのか
教えてもらっていると感じます。

人生にはいろいろなことがあります。
昔を懐かしみながら一族が集まり
楽しいひと時を過ごす、
人生の1ページを見るような、そんな一日でした。

病院に帰ると、親父はさすがに疲れていたのでしょう。
すぐに眠ってしまいました。
でも、一度もわがままを言うことなく
楽しそうにしていました。

とても良い時間を親父にもらいました。
本当に行って良かったです。
by takeo_tsutsumi | 2011-10-31 23:10 | 日記 | Comments(0)