TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

橋下徹を応援します!

大阪府知事・大阪市長のダブル選は27日投開票され、
市長選は大阪維新の会代表で前知事、橋下徹氏(42)が、
現職の平松邦夫氏(63)=民主府連支援、自民府連支持=を破り、
初当選した。
f0126903_01293.jpg


ダブル選は40年ぶりで、大阪都構想の是非が最大の争点となった。
橋下氏の政治手法や教育への政治関与を打ち出した教育基本条例案なども
問われた。投票率は市長選は60.92%(前回43.61%)、
知事選が午後7時現在41.26%(同確定48.95%)だった。

--yahooニュースより--


この大阪府知事・大阪市長ダブル選挙はとても注意深く見守っていました。
橋本氏は私の大好きなTV番組 たかじんのそこまで言って委員会
に出ていたころから好きになりました。
その後、大阪府知事に当選してから、彼の抜本的な改革を見て
「彼なら日本は変わるかもしれない」という思いを感じ、
陰ながら応援していました。

皆さんご存知のとおり、彼は元弁護士でありタレントとして大活躍していました。
数億の年収を捨て、権力闘争と私利私欲に走る政治の世界に入り、
まさに茨の道へ飛び込んだ男気、彼の政策、価値観、人間らしさに
強くひかれていきました。
f0126903_0143421.jpg
橋下徹ホームページはこちらから


彼を見て今までに無い「政治家」を感じ注意深く見守っていました。
彼の大阪都構想を見ると、己の私利私欲だけで動く人間ではないと
信じています。

何故か?

彼は前にも述べたようにビジネスマンとしても一流でありながら、
全てをリセットし魑魅魍魎うごめく政治の世界に入ります
政治家を目指す理由は見当たらず、楽に生きるならやる必要もない。

今回の市長選出馬で、多くのマスコミのバッシングや
家族に対する嫌がらせで、当初は家族も出馬に反対だったそうです。
また、多くの嫌がらせや脅迫等があったため
大阪県警が11人ものSPを付け、ガードしていたとのこと。

彼は府知事時代、歯に衣着せぬ発言で多くの物議を醸してきました。
しかし、言いたいことを言うだけではない
確かな実績も残してきました。

大阪を財務破綻に追い込んだ歴代大阪府知事の
横山ノック(知事任期:平成7年~平成11年)や
大田房江(知事任期:平成12年~平成20年)などの
負の遺産を彼は背負い、大きな抵抗勢力に立ち向かい
改革して行った事は間違いないと確信しています。

大阪府HP 一般会計実質収支の推移
f0126903_0115138.jpg
大阪府ホームページより

上記のグラフを見ると前知事の時代に一般会計実質収支が
ひどく落ち込んでいることがわかります。



彼は途中で、本気で改革を進めるには、
二重行政を無くすしかないと思ったのでしょう。

私は彼は本気だと確信しました。

私自身、以前に仲介手数料の改革で宅建協会に立ち向かった経験から、
既存路線を頑なに守り、変わる事が嫌いな輩と闘うのは大変な事で
「今のままでみんな仲良くやろう」では本当にこの先立ち行かないと感じます。
f0126903_0132046.jpg


私も私利私欲で協会と闘った訳では決して無く、
次世代の不動産業を考え、若い世代に何か出来ないかを考え
不毛な闘いを挑んだので、橋下氏の気持ちがよくわかります。

橋本新市長のような事を誰がやれるでしょうか?
本当に頭が下がるし、これからも応援したいと思う!


一方、気になるのは石原東京都知事です。
石原氏は今回の市長選終盤で橋本氏の応援に回りました。
下馬評で橋本氏優勢と出るや否や動いたところを見ると、
勝ち馬に乗ったのではないかと思いました。
f0126903_0134214.jpg


私が思うに彼は狡猾な老獪であり、今後の橋下氏への
影響力を心配します。こんな輩には注意してもらいたい。
しがらみは公人の最大の弱点であり、彼には乗り越えてもらい
本気で、日本を変えてもらいたいと思います。


以前から私は道州制こそ日本を変えるシステムでは無いかと思っていたので、
大阪都構想には大いに期待しています。
名古屋の河村氏やみんなの党など新しい風が吹いてきた!


正直、今回の選挙で敗北したら日本に
見切りをつけるつもりと、ヨメにも話をしていました。
しかし日本も面白くなってきた
これからも長い目で、陰ながら応援していきます。
Commented at 2012-10-09 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by takeo_tsutsumi | 2011-11-29 00:18 | 政治・経済・社会、語ります | Comments(1)