TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

霧の摩周湖と網走監獄

本日は網走から一気に
最北端の町、稚内を目指します。
走行距離は約390km!

今日のメイン目的地は網走監獄!
阿寒国立公園の硫黄山を通り抜け…
f0126903_21421333.jpg


緑がまぶしい道を通り
f0126903_21421419.jpg


網走に向かう前に摩周湖に向かいます。
しかし摩周湖は
霧に覆われていました_| ̄|○
f0126903_21421446.jpg


ま、霧の摩周湖もいいでしょう。
売店ではカットメロンが販売されて
いたので食べでみたら、
とても美味しかった!
f0126903_21421522.jpg


さぁ、網走監獄を目指します。
途中、馬が放牧されている湖や
f0126903_21421691.jpg


オホーツク海に面した道の駅で
網走チャンポンやカニ飯を
いただきました。

オホーツク海!
f0126903_21421679.jpg


網走チャンポン!
f0126903_21421813.jpg


カニ飯!
f0126903_214218100.jpg


そしてついに網走監獄に到着しました。
f0126903_21421985.jpg


結構、広い園内…。
見所もたくさんです。

とりあえず捕まってみました。
f0126903_21422055.jpg


園内には受刑者の方たちが
制作している民芸品ニポポのモニュメント
ゆるキャラより味があります(=゚ω゚)ノ
f0126903_21422070.jpg


裁判所を発見!競売物件はないのかな。
f0126903_21422114.jpg


昔の裁判の様子、人形の方たちが
演じておられます。
f0126903_21422296.jpg


網走監獄が出来た当初は
刑務所というより、強制収容所の
ようだったそうです。

原生林を開墾し道路などをつくる
労働は過酷なものでした。
それをさせられたのが受刑者でした。
その当時に造られた道路の近くからは
足を鎖でつながれたままの骨が
たくさん見つかったとのこと。

受刑者は移動をしながら労働をします。
受刑者が睡眠をとった小屋。
枕は丸太…。
f0126903_21422330.jpg


食事も立ってとらされたとのこと。
私も仲間に入ってみました。
f0126903_21422333.jpg


移動はこんな感じだったそうです。
私も…。
f0126903_21422436.jpg


監獄の宿舎を再現したところ。
f0126903_21422512.jpg


北海道の開拓の歴史には
多くの人々の努力と犠牲によって
今があるのだと、感じました。
ぜひ皆さんも機会があれば
行ってみて下さい。

思いのほか、時間がかかりました(・・;)
これから稚内に移動です。
空模様も怪しくなってきました。
とにかく先を急ぎます。
f0126903_21422528.jpg


広大な大地を駆け抜けます。
f0126903_21422644.jpg


延々と続く大地
途中、道路で鹿の親子も発見!
残念ながら写真は撮り逃してしまいましが…。
f0126903_21422788.jpg


とにかく北の町を目指します。
f0126903_21422737.jpg


稚内に近づくにつれて雨が降ってきました。
オホーツク海沿岸の道路を走り
山道を越え、稚内の町に
たどり着いたのは20時半でした。

夕食はホテル近くの居酒屋さん
f0126903_21422865.jpg


タコしゃぶや
f0126903_2142297.jpg


ボタン海老の刺身をいただきました。
f0126903_21422975.jpg


明日は日本最北端の宗谷岬を目指します。
天気は雨…。
がんばるぞ〜( ^ ^ )/
by takeo_tsutsumi | 2013-06-17 20:47 | 旅の足跡 | Comments(0)