TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

決戦の時

平成27年5月17日は
大阪都構想の賛否を巡って
大阪市では初めての住民投票が
行われます。

私は橋下徹大阪市長を
彼が公人となってから
ずっと応援しています。
f0126903_8181138.jpg

大阪維新の会公式ツイッターより
画像をお借りしました。



本日の決戦を前に
応援ブログを書きたいと思っていましたが
たまたま四国松山の八股榎お袖大明神
奉賛会出席のため昨晩から松山に来ており
慣れないサーフェスの操作に
四苦八苦してしまい、
こんなに遅くなってしまいました。

私が橋下氏を一貫して応援している理由は
旧態依然の日本の行政に風穴をあけ
私利私欲なく日本のためにと頑張ってきた
彼に深い共感をおぼえるからです。

人口減少、高齢化社会で国力は弱まり
先進国では類をみないGDPの倍の債務を
抱える日本。

これらの大きな問題を抱えている事で
今後、若い世代や子供たちが多大なる
ダメージを受ける事が予想されます。

自分たちさえ良ければ良いという
老害的な考えでは、日本の将来に
不安を感じます。

富を持つものはより多くの富を持ち
お金を持たない人は這い上がれない
世の中になるのは、資本主義の大きな
問題ですが事実でもあります。

医者になるには多額のお金がかかります。
しかし学費に5,000万出せる人は
そうはいません。医者の家に生まれたから
富裕層だから医者になるのではなく
患者の命を救うために医者を目指す...
そんな志を持った子供たちに差別なく
医者になれる社会にならねばと
切に思います。

大阪都構想の大きな柱である
二重行政を解消するのは当たり前の事。
経営者であればわかるはずです。
こんなシンプルな改革案は他には
無いのではないでしょうか?

確かに公務員の数や給与が下がる可能性は
あります。しかし一般企業ではこれらの
努力を既に行ってきています。
現状を変えなければ将来につけを残すのは
明らかです。

橋下氏はこれまで既得権益と闘い
間違いなく世の中に一石を投じました。
その意味は大きく尊敬し
感謝したいと素直に思っています。

本当は住民票を大阪に移してでも
一票を投じたいところです。
今日は彼の集大成を見届け
今後の生き方の参考にしたいと
思っています。

大阪のことだから関係ないでは
ありません。今、起きていることは
日本の縮図ともいえます。まずは今
起きていることを知ることが重要です。

皆さんもぜひ大阪都構想について
学んでみてください。

大阪維新の大阪都構想のページ
f0126903_8175239.jpg


↓ウィキペディアでは大阪都構想だけでなく
↓経緯や取り巻く全体像を知ることができます
ウィキペディア大阪都構想


無関心が一番怖いこと。
未来のために、子供たちのために
日本も変わらなくてはいけません。
by takeo_tsutsumi | 2015-05-17 04:35 | 政治・経済・社会、語ります | Comments(0)