TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

義母の7回忌で想うこと

先日、義母の7回忌が無事終わりました。
f0126903_11424221.jpg

義母が亡くなりもう6年経ったのかと思い、
時の流れをとともに親戚縁者の方との
久しぶりの再会は楽しいひと時でした。


そこで法要とは何かと考えてみました。

人の死は悲しいものです。
欧米では法要というシステムはないようで
ショックのあまり鬱病や精神疾患などになる
ケースがあるとか。

日本ではお通夜、葬儀、火葬、納骨と
亡くなってから悲しみの中で
いろいろなことが慌ただしく進んでいきます。

私の父も亡くなって5年ですが、
その時の慌ただしさを思い出します。
この慌ただしさこそが悲しみに暮れる
気持ちを和らげる効果があるのです。

法要を重ねるうちに少しづつ
悲しみが和らぐ事を実感しました。


義母の7回忌が終わり皆で会食をした時に、
義母の生前のアルバムを見て
昔話やそれぞれの近況を話したりして
場は盛り上がります。
f0126903_11430511.jpg

義母のご姉妹の伯母達は
80歳オーバーの方もおられますが、
各々とても元気です。

それぞれご主人は亡くされ
自立した生活を送られていますが
趣味の世界や日々の鍛錬に忙しく
私も驚くほどの才気煥発な伯母達です。

また今年82歳になる義父も
今回の7回忌の準備全て(会食の手配、
会の連絡の作成から郵送、
お土産の選定から準備等々…)を
一人でサクサクこなします。
f0126903_11431705.jpg

高齢者と言うのも憚られるパワーを
目の当たりにすると
我々も頑張らなくては!と元気になります。

人生90年時代と言われる現在、
全ては自身の気持ちとやる気次第で
人生は彩られるものと感じたものです。



会食の最後に義父が
『次の13回忌もこのメンバーで』と
言葉にされました。
親戚縁者との繋がりも深まり
法要の本当の意味を分かった気がしました。
f0126903_11432930.jpg

日本の法要には亡き人を思い出し、
人の成長と繋がりを深める
日本の文化なんだと。

日本の世界に誇れる伝統を
継承していきたいですね。



=============

堤エステートHP

-----------------

身の丈にあった不動産を購入しよう!
FPでもある堤猛雄と資金計画から組み立てます!!
購入前コンサルティングサービス みのたけ家
f0126903_18340920.jpg
http://www.tsutsumi-estate.com/service/minotakeya/

-----------------

競売不動産情報は無料で配信中
競売物件取得もおまかせ下さい
福岡の競売不動産は堤エステート
f0126903_18343378.jpg

-----------------

新築一戸建て・建売住宅の仲介手数料が0円に?!
f0126903_18352355.jpg

=============


by takeo_tsutsumi | 2018-01-24 11:45 | 日記 | Comments(0)

by takeo_tsutsumi