TAKE BLOG

堤エステート/堤猛雄のブログです

2007年 DESIGNING展出展の理由

殺人的なスケジュールで告知が遅れましたが、2007年DESIGNING展
今年3月末に取得した、愛宕浜にある「リベーラガーデン イーストタワー1804号室」を
出展させていただきました。

今年に入って「仕事する宣言」をした私、今年に入って様々な出会いがありましたが、
その中で野口という男は自分とダブらせる建設の職人、宮城さんは私と違った感覚をもつ
デザイナーでありアーティストです。

以前から、リノベーションには興味を持っていた私はこの二人と組んで今までにない
リノベーションをやってみようと思いました。
空間を用意する不動産のプロと設計・デザインのプロ・建築のプロのコラボレーション、
宮城雅子建築設計事務所+野口建装+堤エステートによるプロジェクトの誕生です。

今回のプロジェクトでは、仕入れ価格をオ-プンにして、売却予想価格から逆算して
最低利益水準を割り出し、それ以上の価格で売却できたら、2社にボーナスを
与える成功報酬システムを導入してみました。これにより売却の喜びを分かち合う
事が実現できるからです。2社に売却価格を決定してもらい、いざスタートです。

デザイン展出展が決定したのも、出展について大規模なリフォームになるため
近隣j住民の方の理解を得るため、管理会社との交渉は必要不可欠でした。
デザイン展までの日数があまりのも少ないので突貫工事になる=騒音問題が
浮上しました。結果、解体作業とパーテーションのみの工事にとどめ、何とか
住民の方を交え何度も足を運びご理解を得ることが出来ました。
リベーラガーデンの皆様及び管理組合の方々には本当に感謝しております。

工事時間を9時から17時までに厳守して、解体が完了したのは今週に
入ってからでした。デザイン展前日まで3社は徹夜作業で、完成用模型の作成
・パネル・広告物を仕上げました。
目が行き届かず、狙い通りのものはまだ完成できていません。
現在もスタッフは残りの作業をしています。

初日の本日は2名の来場でしたが、正直ほっとしています。
新聞折込チラシ5万枚・新聞広告・メディアの取材などを控えています、
それまでに皆様に楽しめる空間を提供できればと思います。

HPでは物件の最大の魅力である夜景をご覧いただけます。
by takeo_tsutsumi | 2007-04-27 01:33 | 2007年デザイン展 | Comments(0)

by takeo_tsutsumi